ネイル資格取得の費用

オシャレな職業としても人気のネイリスト。
ネイリストには資格試験があり、それは必ずしも持っていなければいけないものはないですが、持っていたほうがプロとしての信頼も高く、就職にも有利となります。
ですから、ネイリストを目指すのであれば持っていたほうがいい資格といえます。

今現在、日本にある認定団体の中でも有名なのが、
日本ネイリスト協会(JNA)とインターナショナルネイルアソシエイション(INA)です。
そこで年に数回、実施される試験に合格すれば、晴れてプロしてデビューできるというわけです。

受験する際にかかる費用は、級によって異なります。
日本ネイリスト協会(JNA)では3級が6千円、2級が8千円、1級が1万円となっています。
またジェルネイル技能検定とネイル検定は別物です。

さらにジェルネイルメーカーが主催する試験は数千円から1万円程度。

ネイリストの資格取得には、
ネイルサロンで雑用をしながら勉強したり、職業訓練所でネイルスクールを受講したりといった方法もあるようですが、 ネイリスト専門のスクールに通ったり通信教育などで勉強する方法が一般的となっています。

では、これらの取得方法では一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ネイルサロンでの働きながらの勉強は、そのサロンによってまちまちなので一概にいうことはできません。
ただそれだけでなく、通信教育を併用したり独学で書籍を購入して勉強するなどあり、そのかかる費用もバラバラです。

職業訓練所でおこなうネイリスト講座では、授業料はタダですがテキスト代やジェル、消耗品などの使用するものは実費。
また、誰もが受けられるということはありません。
雇用保険に入っていないフリーターや主婦、そして求職中の人などが対象となり、
人数制限から面接などで受講可能かどうかを決めたりもされるのです。

さらに職業訓練所では途中でやめたりする場合、スクールの費用を実費で払う必要もありますし、ただで受ける分ペナルティもあるのです。その後の就職などもきちんとしないと授業料の返還を求められることもあります。

スクールの場合では、かかる金額も内容によっては高いものとなります。
学費だけでなく教材費、そして入学金や施設使用料など…
勉強に使うものだけでなく、学校の維持費や事務手数料などが掛かってくるのです。
スクールによってまちまちですが、大体数十万からかかるところでは百万単位になるとみていいでしょう。

黒崎えり子のネイルスクールなどは通う期間も長く、専門学校並みですが、JNA認定講師が副業でやっているような少人数制のスクールは15万円程度からあります。

また試験に必要なカラージェルや筆、溶液などの消耗品はもちろん実費です。

模擬試験などにもお金がかかるスクールがあります。
ネイルといえど資格の取得にはそれなりの覚悟と努力が必要です。

習い事感覚で始める人も多いのがネイルスクールですが、どこまで本気になれるかはあなた次第です。

こちらもチェック♪

お目当ての商品が見つからない場合はこちらで検索してみてください。

ページトップへ