ネイルファイル

ジェルネイルは爪やすり=ネイルファイルをよく使います。

ネイルファイルとは、ジェルネイルを塗る前の下準備や、
爪の形を整えたり、長さを調整したり、オフするときに使います

ファイルはいろいろな種類があり、スポンジタイプのバッファーエメリーボード、グリッド数の高いファイルや低いファイル、と初心者さんは最初どれを買ったらいいか?戸惑うことも多いと思います。

初心者さんが必要なのは、2種類のネイルファイル

ボードタイプの爪の長さを整えたり、オフするときに使える目の粗いグリッド数の低いもの

爪の表面を削る目の細かいグリッド数の高いものです。
グリッド数はGと書かれていて、80G、100G、180G、240Gがよく使われます。

80Gはオフの時に使う目の粗いタイプ。240Gは爪の表面や細かい修正に使うタイプです。

用途に合わせて使い分けますが、ネイルキットでは100Gと180Gが表裏セットになっているファイルをよく見かけます。

ボードタイプとスポンジタイプがありますが、使い勝手がいいものを選ぶといいと思います。
爪の表面を削るにはスポンジタイプのファイルが適していて、爪の長さ調整にはボードタイプが適しています

スポンジタイプはスポンジの表面がやすりのようになっているので柔軟性があり、爪表面のカーブに密着して細かい傷を表面につけることが容易です。

逆にボードタイプは爪のサイドやキワなど細かい部分の隅々まで上手く磨くことができないので不便です。

ボードタイプは芯の固いファイルなので爪の長さやジェルのオフの際に役立ちます。

オフの際は特に、ジェルの厚みをファイルで削って薄くしてから溶液を使うとオフの時間短縮になるので、オフのファイルの目の粗さはグリッド数の低いものが適しています

このように用途に合わせてファイルを使い分けることで、時間短縮につながったり、きちんとした下処理ができます。

自爪が薄い人は目の細かいものを、自爪が厚い人は、目の粗いもので選ぶといいと思います。

 

楽天で買えるネイルファイル一覧

こちらもチェック♪

お目当ての商品が見つからない場合はこちらで検索してみてください。

ページトップへ